保護中: 6月23日のプレバト俳句査定のお題は梅雨と猫。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. アルス より:

    今日の査定では番組開始早々ケンコバさんが2位と発表されてまたまたびっくりしました。また点を伸ばしましたね。

    確かに才能アリには届かない惜しいのは惜しいのですが、鈴木さんや小籔さんなどのように才能ナシに落とされずにすんだし、今回も怒られたりもしなかったからよかった方だと思います(逆に、梅沢さんがいっぱい怒られてますね(笑))。この65点というのはちょっと色んな意味で面白いところがあり、
    「俳句は大丈夫!」と言ってた辰巳さんと同じ得点でした。辰巳さんは才能アリを取りたかったのでちょっと悔しそうでしたがケンコバさんは過去才能ナシ4回だったのでもはや才能ナシを回避することしか考えてないのに、いきなりの65点という高得点でちょっとウルっとしてましたね。本人もここまで狙ってなかったのでびっくりしてたと思います。
    そして、何といっても一番悔しいのは前回の二階堂さんでしょう。「桜草」と書いて才能アリからの減点で70点から65点の凡人に転落しましたね。こっちはこっぴどく怒られてたし、同じ点数でも二階堂さんとしてはちょっと悔しい思いのようでした。
    さらにびっくりなのは、初め才能ナシから、次に初めての凡人55点から今回の65点へステップアップ、実はこれは杉本彩さんと全く同じステップアップだったんです。で、杉本さんは最後に初めて才能アリがとれたので、この流れだとひょっとしたらケンコバさんはこの次にはもしかして?というところまで上がってきました。

    クリスマス実は食べたい河豚の鍋(30) この回はまさかのケンコバさんの下でこっぴどく怒られていました。
    空青し心躍るや小梅たち(55)ケンコバさんの初凡人と違って杉本さんがメッタ打ちに合っていました(小梅たちが犬の名前なので無季の句になる)→動画がない代わりに、その回の記事の載ったブログ。 http://arekore-joho-cafe.blog.so-net.ne.jp/2015-02-16
    夏近しこころ華やぐ山ガール(65)今回のケンコバさんと同じ点数。ケンコバさんの55点のときの褒め方と似ています。1:28:30→https://www.youtube.com/watch?v=qvnrJg7dGRM
    黄金の天蓋の下秋仰ぐ(73)これは文句なく本当に流石でした。夏井先生もびっくりして、こんな風に成長したと感動してましたね。

    そして、ケンコバさんと同じく最下位を2回経験し、その後凡人に上がったキスマイの北山さんが大ピンチになりました。北山さんは才能アリしか狙ってないのに、最高点が60点止まりなのに対し、才能ナシを回避することしか考えてないケンコバさんに最高点を破られてしまいました。しかも北山さんはその後50点に下がっているし、さらには他の同メンバー、宮田さんが1位、横尾さんが特待生の級をどんどん昇格したり、千賀さんは3連続才能アリでついに特待生に入ったり、北山さんがどんどん出遅れてしまっています。
    しかしもっと出遅れているのは、2回連続才能ナシ最下位から未だ脱出できてない紺野さん、犬山さん、そして前週最下位になった渡辺直美さんです。この3人は、2回目の最下位がキレイに30点で並んでいますが65点の半分以下なのでかなり深刻な状態になってきました。
    ケンコバさんが前回のプレバトで「俺に負けたら大変や。」とか言ってましたが、今回のでいきなり65点を取られるとこれに勝ちたい?いや、私だったら無理と言いたいです。この後1位に入る岸本さんびっくりしてたし、3位のリサさんとは20点も開き、さらにはその下に才能ナシが3人ずらずらと・・・。
    ケンコバさんは才能アリは目の前と褒められましたが、当然次の狙いは1位オンリー。最近は、才能アリが2人出ることも多くなっていますが、才能アリ2位ではダメです。
    その大きな理由は、ケンコバさんは、リズム感、生け花、音感でそれぞれ才能アリは獲得はしていますが、プレバト全般において1位を獲得している部門がケンコバさんにはまだありません。
    リズム感と音感は最近やってないし、生け花は一度才能ナシ近くの凡人に転落。となると初めての1位が、俳句である絶好のチャンスなので、この次はもう1位しか狙いはないと思います。もうここまで高得点をたたき出されてしまったら今度は会心の一句で狙ってくるでしょうね。尚且つ、1人だけで才能アリ(2位以下凡人)だと一番かっこいいかも(才能なし経験者の野間口さん紫吹さん杉本さん足立さん峯岸さん宮田さんも全員1人だけでの才能アリ1位で盛り上がりました)。

    どんな組み合わせだったら面白くなるか、スペシャルな感じで7人で編成を考えてみました。

    ケンコバさん
    西村賢太さん
    キスマイ北山さん
    キスマイ藤ヶ谷さん(多分初?)
    紺野美沙子さん
    犬山紙子さん
    渡辺直美さん

    特待生:梅沢さんと藤本さん

    ケンコバさんとキスマイ北山さんが1位争い、女性陣3人は最下位脱出争い、芥川賞作家なのに前回才能ナシ6位だった西村さん(女性陣2回目最下位と同じ30点)はどこまで上り詰めていくのか、多分初?の藤ヶ谷さんはどんな句を作るのか?といったところ。

    このときの特待生は梅沢さんと藤本さんで出ると、さらに盛り上がるかな?先輩の藤本さんはケンコバさんと一緒にプレバトという形がないけれど、梅沢さんはケンコバさんの駄作を一緒にいっぱい見てるから、ここで才能アリをとると梅沢さんもビックリすると思います。
    東国原さんは、降格の経験もあることで味わいのある句になり、今回は見事な昇格でした。う~ん、福澤さんが随分つき離されましたね。

  2. こたつむり より:

    アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

    まずはケンコバさんですが、ケンコバさんは順調に上がってきていますね。才能アリには届かなかったものの、直しはほとんどなかったし、本当にあと少しといったところでしょうね。

    同じ点数でも、才能ナシから這い上がってきたケンコバさんと、自信があった辰巳さんでは印象が違いますね。ケンコバさんの65点は凄いなと思いますが、辰巳さんの場合はふ~んそんなもんかという感じです。

    二階堂さんに関しては、今までの成績から考えたら65点でも十分凄いと思いましたけどね~。もちろん点数が下がってしまったのは悔しかったと思いますが、やはり過去の成績を考えたら十分ではないかなと。

    杉本彩さんは、「クリスマス実は食べたい河豚の鍋」というような俳句を披露していた事にちょっとびっくりです。しかもケンコバさんのふざけた俳句よりも下なんですよね~。でも、杉本さんも順調に上がってきて、最後は見事に才能アリを獲得しましたからね。杉本さんの才能アリは、ご本人はもちろん夏井先生も本当に嬉しそうでした。これはかなり印象に残ってます。ケンコバさんも杉本さんのように、次こそは才能アリになれるといいですね。

    北山さんはおそらくあせっているでしょうね。まさか舞祭組の面々に先を越されるなんて思っていなかったでしょうし。これでキスマイの中でアホと言われている二階堂さんまで才能アリになったら相当キツイですね。

    紺野さんは最近全然プレバトに出演していないので、何とも言えない状況ではあるかなと。犬山さんは発想がかなり変な方向にありますからね。

    ケンコバさんはもう以前のような俳句を作ることはないでしょうし、最初の頃のふざけた俳句を作っていたケンコバさんに負けるならまだしも、今のケンコバさんになら負けても大変じゃないですよね。

    ケンコバさんって他の査定では才能アリを獲得しているんですね。俳句でのケンコバさんを見ていると少し意外なような気もしますが、なんでもそつなくこなすイメージもあります。確かに普通の才能アリではつまらないかもしれないですね。ま~才能アリになるだけでも凄いですが、1人だけ才能アリで、75点くらいだったら相当盛り上がりそうですね。

    そしてアルス様の考えた編成ですが、何か女性陣は俳句のせいか、濃ゆいメンバーだな~と思いました(笑)。紺野さんと犬山さんの2人は発想が相当独特ですからね。藤ヶ谷さんはキスマイの中で唯一出演していないんですよね。藤ヶ谷さんはキスマイの中でカッコイイポジション?なので、へたに出演して才能ナシになったら困るので現時点で出演がないのかな~と。

    で、名人の梅沢さんがいろいろコメントをしてハマちゃんにつっこまれるんですね(笑)。また、福澤さんが出遅れていますが、福澤さんも全然出演しなくなってしまいましたね。

  3. アルス より:

    キスマイ千賀さんが特待生に上がりましたね。
    千賀さんが一度凡人のトンネルがありましたが、意外にもケンコとくたき55→65点のより千賀さんの方が低く、40→60点となっていました。
    というのも、それは各俳句を振り替えったら分かったのですが、千賀さんの2回凡人は、どちらも季重なりをやらかしてして失敗してました。
    対してケンコバさんのは言葉選びが丁寧になりましたね。特に今回の俳句では本人がお話していた「アマガエル」と「紫陽花」が季重なりになってしまうから、アマガエルは外して、上手く回避したなと思いました。これ両方いれたら一気に才能ナシですからね。ケンコバさんは才能ナシ4回中季重なりを2回やってたし、コスモスの回のときに、「将来性はない!季語が2つあった瞬間に踏みとどまらないと才能ナシから上にはいけない。」と言われてたのを覚えていますか?このダメ出しをきっちり把握して、紫陽花だけにとどめたのは流石ですね。
    だからケンコバさんの方が高いのでしょうか。なんかこうなると、ケンコバさんが逆に手強い相手となった感じもしなくないです。

    千賀さんはその後の才能アリ3回ではもう季重なりをやらなくなっているし、ついに特待生に昇格したのは凄いです。横尾さんに続いてキスマイ2人目とは!助詞の使い方に弱点がわずかにあるみたいなので、それをまず克服すれば伸びていくと思います。

    バニラビーンズが意外にも成績ダメですね。リサさんは低めの凡人、レナさんは最下位で夏井先生ご立腹のようです。
    特にレナさんについては、「どぶに捨てられた。」が、博多華丸さんとのやり取りも思い出しました。

    次の盛り付け査定ではまさかのケンコバさんは欠席、さらに特待生が意外にもいませんでした。ただ、1位の床嶋さんは特待生級レベルでした。特待生の女性は杉本さんだけなので、今度は床嶋さんも入るのかな?この2人がライバル関係になりそうですね。過去2回才能アリの二階堂さんがまさかの最下位。俳句もそうですが、二階堂さんって何かとやらかしてしまうタイプなんですね。

  4. こたつむり より:

    アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

    千賀さんが遂に特待生になりましたね。ただ、凡人になったのは覚えていますが、点数が結構低かったんですね~。しかも、凡人の時は季重なりをやっていたとは。最初に出演した時は無季の句で才能アリになっていたのに。季重なりをやってしまうと相当マイナスになるんですね。でも、千賀さんもケンコバさんも夏井先生に言われた事をちゃんと勉強して、順調に上がってきたんですね。ケンコバさんのコスモスの回は覚えています。確かに将来性のない俳句なのかな~とは思いました。点数に関しては、単純比較はできないかなとは思います。お題も違うし、その時の全体の出来とか色々な要素が絡んでくるのかなと。

    千賀さんは凡人に下がってしまった事もありましたが、才能アリを獲得し続けてめでたく特待生に昇格して、キスマイからは2人目の特待生。特待生なった千賀さんがどうなるか分かりませんが、これからも頑張ってほしいですね。

    夏井先生の教え子のバニラビーンズは2人ともだめでしたね。夏井先生が怒るのも当然と言えば当然ですかね。あと、夏井先生と俳句番組をやっていた人ってあんまり成績が良くないですね。

    盛り付けのほうは、出演できる特待生がいなかったのかな?床嶋さんは特待生になれるんですかね~。二階堂さんに関しては、プレバトだけではなく他の番組でも結構やらかしているので、色々やらかすタイプだと思います。

  5. アルス より:

    過去に2回才能アリ1位、特待生の経験がある羽田さんが、まさかの才能ナシ最下位?あ~どうしたことでしょう?これは呆然としました。こんなことあるんですね。本人はとてもショックだったし、夏井先生も残念そうでしたね。しかも羽田さん今まで才能ナシになったことはありませんでした。
    俳句で才能アリから才能ナシに落ちたことがあるのは、実はホラン千秋さんと、熊谷さんだけなので、こんなこと珍しいと思います。
    何か羽田さんは、最近才能ナシから這い上がっているケンコバさんとは逆方向に行ってしまってますね。ケンコバさんは、ちょっとずつ積み重ねているからもうふざけたことをしなければ今後伸びていきそうなんですが、今回の羽田さんはちょっとやりすぎちゃいましたね。
    過去1位だった三田さんも、武井壮さんと同じ45点にまで落ちてしまい、さらにはさんざんボロクソに言われた愛弟子のバニラビーンズのリサさんと同じ得点であることを見るとこれは痛すぎますね。

    今日は、下位3人がさんざんボロクソに言われてましたが、これが良純さんでも見たくなってきました。良純さんは何かと色々やらかしそうだとこたつむりさんは書いてましたが、紺野さんなどと同様最下位になるってことあるんでしょうか?私だったら、お天気用語をいっぱい入れてくるのかな?

    今回、最もべた褒めだった横尾さんが、なんと2回連続で昇格!これにはとても驚きました。生け花の紫吹さんは、前回の現状維持からの汚名返上で見事1級に昇格しました。というか、これ現状維持だったらもう無理というような作品でした。

    しかし、今回俳句で、羽田さんが才能アリから才能ナシへの転落がありましたが、これが生け花の方でもありました。
    梅沢さんですね。前回、年末のSPで1位だったのに、今回、やらかしましたね。
    そして、渡辺えりさんが、最下位から才能アリ1位へのブッコ抜き!これはかなりビックリしました。柳ゆり菜さん以来ですね。しかもパーフェクト満点で、紫吹さんも「私には思い付かない」と言ってたほどでした。
    しかも、前回渡辺えりさんが最下位だったときは、1位が三田佳子さんで、今回、その三田さんを飛び越えての1位でしたから、ホントに驚きました。

    ケンコバさんには、是非1位はとってはほしいのですが、先にそれがわかるような予告編や、字幕に、「1位は意外なアノ人」が先に載せられたら、若干つまんない感じがしますよね。1位か最下位が残ったときに、「どう考えても片方が絶対1位だろう。」と思わせておいて、まさかの・・・となった方が、絶対に面白いですよね。
    特に峯岸さんと熊谷さんのとき(峯岸さんが1位)はそれがなかったから凄く面白かったんですね。

  6. こたつむり より:

    アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

    久しぶりに羽田さんが出演したと思ったら、遂にやってしまいましたね。まさか才能ナシまで転落してしまうとは。ただ、羽田さんは才能アリでもばっさり否定されている部分がありましたからね~。

    才能アリから才能ナシまで落ちてしまうのはめずらしい事なんですね。凡人に下がってしまう事は割とあるようですが。

    羽田さんは降格したのをきっかけにどんどん落ちてますよね。同じ降格を経験した東国原さんは、それをばねにしたのかその後順調に上がってますけどね。本当に羽田さんはどうしたんでしょうね。降格したのがよっぽどショックだったのか、才能アリになった回がたまたまだったのか。

    良純さんはインテリですが、やっぱり色々やらかしそうなイメージが強いですね。なので最下位もあり得ると思います。確かに天気用語は入れて来そうですね。それでハマちゃんにつっこまれて、夏井先生にもボロボロに言われるという展開に(笑)。

    そして横尾さんが見事昇格しましたね。正直連続で昇格するのは無理だろうと思っていましたが、まさか昇格するとは。また、紫吹さんも昇格を果たしましたね。あの作品で昇格できなかったら、もうどうにもならないですよね。

    あと、生け花のほうでも梅沢さんがやらかしましたね。ま~梅沢さんは結構やらかしがあるので、羽田さんのようにびっくりはなかったです。

    渡辺えりさんはお見事でしたね。特待生の紫吹さんも褒めていたし、假屋崎先生もかなり絶賛していました。一気に才能アリになったのも凄いですが、100点満点というのも凄いですよね。しかも、前回出演した時に1位だった三田佳子さんを越えているのがまた何とも。

    プレバトは他の番組に比べるとかなりネタバレが酷いですからね。7月7日の回も、羽田さんが酷評され渡辺さんが絶賛される事が番組表に載っていたので、ある程度予想はできました。プレバト的には、ネタバレするのは大したことないって思っているんですかね。

  7. アルス より:

    今日の査定では、びっくりなことになんと犬山さんが才能アリ1位に輝きました。
    最下位から1位へのブッコ抜きは、足立さんと峯岸さんに続く3人目です。中でも、峯岸さんとは、今回の犬山さんと発想が似てて、
    カーブに目をつけたこと、ここが共通していますね。素直でいい句でしたし、前回季語に対して失礼極まりないと怒られたことをバネに、今回季語を主役に立てると勉強したのがありありとわかる句でした。

    いや、こんな番狂わせがあるからプレバトは面白いんですね。
    過去最下位が2回あった分、今回の才能アリ1位は夏井先生もビックリでべた褒めでしたね。私もこの句を見た瞬間に今までメチャクチャやったのにこんな急にすごい句になって、違う人の句なのでは?と思いびっくりしました。
    夏井先生の「作者わかってビックリした。」というのは、凡人止まりながらケンコバさんのときと同じコメントです。こういうのがあるから、ケンコバさんも頑張って1位を取って欲しいところです。ますます可能性がでてきましたね。
    ただ、今回の1位は凄かっただけに、犬山さんが1位階段を上がっているところ+威風堂々のBGMがカットされていたのがちょっと残念でした。ケンコバさんがとったときは絶対見たいですね。
    犬山さんが1人だけで才能アリだったらさらに盛り上がってたかもしれないけれど、まあ今回は過去3回才能アリの柴田さんがいましたからね。今回の犬山は十分に上出来でした。
    さて、同じ2回才能ナシ最下位経験者で出遅れている紺野美沙子さんと渡辺直美さんはまたまたハードルが上がってしまいました。どっちが先に最下位を抜け出すのでしょうか。
    私だったら渡辺さんかな?一番最初にOAで最下位だったときに浜ちゃんから夏井先生の俳句の本を受け取っていて勉強していると言ってたので、多分渡辺さんの方が先に抜けるのかなと思っています。

    さらにビックリなのは、東国原さんが俳句で3連続昇格。これにはびっくりです。梅沢さんでもこれはなかったのに。そういえば東国原さん、OAで言ってたけど梅沢さんに会ってたのですね。名人になると師範へのとんでもないピラミッドがあるということを話してたということでした。この2人同時の特待生でまだ出てないから、是非見たいところです。

    次回は過去80点をたたき出したミッツさんと、惜しくも65点(=ケンコバさん)止まりだった篠田さんが出ますが、前回は言葉選びが上手になっていると褒められてましたね。篠田さんにも三度目の正直で頑張って欲しいところです。また、HP予告編のOAでは「先を見てみたい、特待生にしましょう。」と夏井先生は言ってましたが、それはミッツさんなんでしょうか?次才能アリをとったら3回目になるので。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      今回は犬山さんがやってくれましたね。今までの俳句とは全然違う俳句でした。連続で才能ナシ最下位は、相当ひびくものがあるんですかね。そういえば、峯岸さんもカーブに目をつけていましたね。ホント、今までと違って素直な俳句でしたね。

      今回の結果は、夏井先生がびっくりするのも当然ですよね。犬山さんが過去に披露していた俳句を考えたら、今回のような俳句を作ってくるなんて思いませんよ。単独才能アリではありませんでしたが、十分な結果だと思います。

      ケンコバさんは順調に上がってきているし、才能アリまであと本当に少しでしょうから、ケンコバさんも才能アリ1位になれるといいですね。

      そして、紺野さんと渡辺さんですが、紺野さんは全然プレバトに出演しなくなってしまったし、渡辺さんも、前回の出演が期間が空いての出演というのを考えると、2人とも当分出なそうですよね~。どちらが先に出演するかにかかっているような感じもしますが、確かに渡辺さんのほうが先に最下位から脱出するような気がします。

      特待生に関しては、東国原さんは3連続で昇格を果たしているんですよね。これはびっくりです。東国原さんは羽田さんとは対照的に、降格がいい結果に繋がっているようですね。また、梅沢さんと東国原さんの組み合わせはまだないようですが、この2人が一緒に出たら色々うるさそうですね。

      あと、次回は新たな特待生が誕生するようですが、出演するメンバーから考えたらミッツさんが1番可能性が高いですよね。この前80点という高得点を獲得しましたし、素直に考えたらミッツさんかな~と思います。

  8. 匿名 より:

    最近ブログが出ていませんが、どうかされましたか?心配していますし、記載をお待ちしています

    • こたつむり より:

      コメントありがとうございます。そして、ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。

      ブログを更新しないのは、ブログを更新している時間がないからです。こんなへぼブログですが、ブログを更新するのは意外と時間がかかり、その時間が今はありません。あと、前みたいにブログを更新しても充実感がないというのも理由にありますが・・・。

      また、ブログを更新しないことをお知らせしないのは、前にちょっとしたお知らせを載せた時に、そのお知らせを見て下さった方は2人くらいしかいなかったので、お知らせを載せるのは自意識過剰なような気がするのでお知らせも載せませんでした。ただ、この事がご心配をおかけしたようで申し訳ありませんでした。

      今後のことですが、コメントはもちろんお返ししますが、ブログ自体はしばらく更新しないと思います。

      • ありがとう より:

        返信ありがとうございました。なかなかテレビ視聴できていない時があり、すごく参考になり、ブログで勉強していた家族もいるので、また、余裕ができたらお願いします。本当に楽しみにしていたので、記載を心待ちにしながら確認させてもらっている者もいると、お伝えします。縁を待ちますね!

        • こたつむり より:

          こちらこそ嬉しいお言葉をありがとうございます(´;ω;`)ウッ

          熱心にブログを見て下さる方がおられる事は分かっていますが、その割合は全体の5%もないと思います。ブログのアクセス数が多ければまだしも、アクセス数も少ないし、熱心に見て下さっている方には申し訳ありませんが、時間をかけてブログを更新する意味があるのか?という思いが今年の春からあり、色々迷う部分があります。

          今は時間がないというのもありますが、時間ができてブログを更新したくなったらまたブログを更新しようと思います。

  9. アルス より:

    今度は何とミッツさんが特待生に!流石ですね。71点という数値は久々でした。

    しかし、私は藤吉さんの句の方が気に入っています。

    前回の才能ナシで比喩を2つ入れて失敗したのが、
    http://arekore-joho-cafe.blog.so-net.ne.jp/2014-11-17
    秋の朝 龍の駆け行く 緋毛氈

    これからの大躍進で才能アリは凄いと思いました。
    太川陽介さんにもぜひ参加して欲しいところです。

    才能ナシの2人は、番組内では指摘されてなかったけれど季語2つ入っていることに気づきました。
    内さんの方は「夏」と「花」、井上さんは「蚊」と「花」です。
    花火のことを「花」という風に略して言っているみたいだけど、花というのは俳句では春の「桜」のことを意味するから、写真を見ていない人にとっては、夏に行ったり春に行ったりとジェットコースターのように忙しい季節を駆け回る、この表現は許し難いと思います。
    中でも、井上さんは前回1位だったのに今回最下位。羽田さんがこういう経験があったばかりのことですが、今回は5点と華丸さん以来の最低得点とは・・・。あと、俳句で「、」はダメです。これも、上記のURLでホランさんがやって失敗しています。
    ケンコバさんは徐々にあげていっているのに、井上さんは上がったり下がったりですね。ケンコバさんも以前花火がお題だったときに、「たまやー!!はあなたのうなじにむけたもの」は最下位10点だったのに対し、井上さんのこれは半分ですよ。

    また、篠田さんが前回惜しい65点までいってたのに、今回は不参加だったのが残念でした。

    特待生の2人は、梅沢さんと藤本さんの組み合わせで前回2人とも現状維持でしたが、今回は逆に2人とも昇格!藤本さん、東国原さん、横尾さんが3人2級で並びました。う~ん福澤さんはだんだん出遅れてきましたね。でも、藤本さんが名人に上がる前にケンコバさんの傑作を藤本さんの前で披露して欲しいから、あまりはやく昇級してしまうのもちょっとね・・・。

    次回は、北山さんがでますが、動画の予告を見ると「キスマイ北山の才能が爆発!」とあったり、youtubeの予告では夏井先生曰く「しばらく来ないうちに別人になったかのような急成長!」とか言ってます。次の回が待ち遠しくなりました。北山さんはケンコバさんに凡人の最高点を破られてしまってる上、千賀さんと宮田さんが1位をとったり、横尾さんは2級まで昇格してたりと・・・もう取らないとマズイですね。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      特待生はやはりミッツさんでしたね。ただ、前回が80点という高得点だったせいか、今回は点数が低いな~とちょっと思ってしまいました。

      藤吉さんは、前回比喩を2つも入れてしまっていたんですね。それだったら才能ナシになっても仕方ないかもしれないかな~と。でも、今回は見事才能アリを獲得しましたね。

      才能ナシの2人は、確かに季語が2つ入っていますね。内さんのは写真がないと分からないし、井上さんのは季語が2つとかそういうレベルの問題じゃなかったんでしょうね。しかも5点という点数。俳句で「、」を入れるというのは普通ならしないですよね。

      あと、井上さんは上がったり下がったりが激しいですよね。この前は才能アリ1位でしたが、その前はゲスい俳句を披露していましたし。ケンコバさんの10点の俳句もなかなかですが、今回の井上さんの俳句は5点でも納得です。

      篠田さんはパンの査定のみの出演で、俳句には出ていませんでしたね。

      そして、特待生は2人とも昇格。最近は前と違ってどんどん昇格していますよね。2級が3人もいるとは。ただ、名人への昇格は苦戦するんではないかと。一方福澤さんは5級。福澤さんはスケジュールが合わないんですかね?

      次回は北山さんが出演するようですが、予告の感じからすると遂に才能アリを獲得するという事ですかね。プレバトは予告が予想を裏切るというのはないと思うので、ほぼ間違いないかなと。他のメンバーは順調に上がっているし、そろそろ才能アリにならないとキツイですよね。

  10. アルス より:

    今日も大波乱でした。
    2回最下位を経験している犬山さんに続き、なんと北山さんも第1位、お見事でしたね。流石でした。

    初回の「ポロポロと 食べ放題だ 雪あられ」の明らかにふざけた句から、今回の、

    蝉歌う 僕らの「さんぽ」の 音にのせ

    夏井先生が予告で「別人のような成長」というのは、まさにこのことだったんですね。先生も見直したそうです。

    しかも、素直だけでなく、北山さんの発想そのものもすごいと思います。
    さらに、冒険心に出ているところが3つ感じました。

    まず1つは、「蝉歌う」という擬人化にチャレンジしたことも結果的に失敗なく、ロマンチックになっていますね。
    凡人以下の人はここを「蝉鳴いて」としたがる人もいるかと思いますが、これは言葉の無駄使いとなり、夏井先生に「鳴かない蝉がいるならもってこい。」と言われると思います。ここを抑えているのも見事だと思いました。
    2つめ、兼題の写真からとなりのトトロに発想をジャンピングしたというところ、すごい冒険心のある一句だなと思いました。
    3つめ、今回、「」の記号を俳句で自ら使用したのは北山さんがおそらく初だと思います。過去に村本さんと渡辺直美さんの夏井先生が添削した「みどりの窓口」と「入梅す」のところで「」をつけてて、また、「さんぽ」というタイトルは原題はひらがな表記であること、漢字で書かなかったのは「緑の窓口」→「みどりの窓口」という添削があったこと。こうみると、北山さん、過去のプレバトをしっかり見て勉強しているんだなと思いました。

    ケンコバさんの方が凡人最高点だったので、先にケンコバさんが才能アリをとるのかと思ったら、まさか北山さんが先に才能アリをとると思わなかったのでびっくりしました。これで逆に北山さんがケンコバさんの最高点を破り、ケンコバさんは出遅れてしまいましたが、
    寧ろ出遅れがもっと深刻なのは、何と言っても紺野美沙子さんと渡辺直美さん、そして同メンバーの二階堂さんでしょう。紺野さんについては、今年はまだ一度も出演がありませんが、他のメンバーが2回才能ナシ最下位経験者がどんどんから凡人か才能アリになっているという点だけでなく、後輩のミッツマングローブさんが特待生に上がったりと、かなりきつくなってきました。二階堂さんに関してはキスマイメンバーの中で最も出遅れ役(といっても玉森さんと藤ヶ谷さんもまだですが)なのでそろそろやばいです。そして、さらに出遅れ役がもう1人増えました。
    そう、村本さんが2回目の才能ナシ最下位でした。ただ、他の3人と違うのは、その間に凡人が挟まっていることですが。ちなみに、生花も2回連続最下位、どうしたことやら。

    ただ、市毛さんは1つ前の俳句では2位の65点で、前回のケンコバさんと同じ順位と同じ得点だったのに、今回50点に下がってしまいました。あれは痛いですね。ケンコバさんの場合は、市毛さんや村本さんみたいに下がってしまうことなく、伸ばしていって欲しいところです。ただ、これは同じあと一歩65点の辰巳さん、篠田さん、大鶴さんにも同様のことが言えます。
    ただ、北山さんもその前の句は今回の市毛さんと同じ50点で、今回ぴょーんと才能アリをしっかりとれたので(宮田さんもそうでしたし)、次は市毛さんに是非頑張って欲しいなと思いました。大宮さんの3位55点(ケンコバさんの初めての凡人と同じ順位と点)も、将来性のある一句でした。

    今回北山さんは1人だけ才能アリだったので、犬山さんのときよりかなり目立ってました。となると、やっぱりケンコバさんの才能アリも1人だけで見たいところです。二階堂さんも、今度は減点ナシの才能アリで見たいところです。

    反面、北山さんは生花は始め才能アリ2回→凡人3回とちょっとだんだん下がり気味ですが、まあ今回は俳句で頑張りすぎたのかな。でも、とにかく俳句で今までの汚名返上できたので、今回はよしとしましょう。
    ただ和央さんは、前回宝塚なのに凡人→今回は才能アリ1位。宝塚として本領発揮できましたね。純名さんはかなり久しぶりの出演ということで、見事昇格しましたが、
    ちょっとだけ残念なのは純名さんと和央さんが俳句査定が参加してなかったこと。純名さんは通常査定のときに俳句は不参加(北山さんが初登場の回でもありました)、和央さんは、前回の俳句の運動会の句で嗅覚で勝負し1位を取ってたので、次の句が見たかったなと思いました。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      今回は北山さんがやってくれましたね。本当に最初の俳句と比べると別人だな~と思いました。夏井先生も見直しますよね。

      擬人化は初心者の人がやるとかなりの確立で失敗するようですが、北山さんは見事に成功させましたね。確かに「蝉鳴いて」だったら夏井先生につっこまれそうですね。そこを北山さんは上手くやりましたね。

      それと、「さんぽ」の部分もちゃんとしていましたね。特にカギ括弧を付けるというのは、なかなかできないものだと思います。他のメンバーがどんどん才能アリになって色々あせった結果、しっかり勉強をしたんですかね。

      北山さんのほうがケンコバさんよりも先に才能アリになりましたが、その辺は出演するタイミングや今までの出演回数なども関係してくるかな~と。

      紺野さんは本当に出演しなくなりましたよね。なんか、もうプレバトに出演しないんじゃないかという感じもします。二階堂さんは、キスマイの中でアホと言われているそうなので、正直実力がまったく分からないですね。前回の俳句は才能ナシだったものの、そこまでおかしなものではなかったですが。村本さんに関しては、あんなもんだろうな~というのが正直な感想です。

      市毛さんは下がってしまったようですが、点数が下がるというのもよくありますからね。ただ、これも仕方がないことなのかなと。人によって作りやすいお題・作り辛いお題というようなものもあるでしょうし、特待生になったミッツさんは才能アリだったものの、80点から大きく下がりましたからね。ま~80点が凄すぎたのかもしれないですが。

      ケンコバさんはもうふざけた俳句を作ることはないでしょうが、点数が下がってしまうという可能性は0というわけではないですよね。どうなるか分かりませんが、順調に上がって才能アリ1位を獲得できるといいですね。

      生け花の方では、北山さんは凡人で終わってしまいました。でも、俳句で才能アリ1位を見事に獲得したので、十分ではないかと。和央さんと純名さんは、さすが宝塚といった感じです。

      片方のコーナーだけにしか出演しないというのは、何が基準になっているんですかね。和央さんだったら両方のコーナーに出演しても特に問題はないでしょうし、よく分からないですね。

  11. アルス より:

    気がついたら、波乱の連続ですね。これが5週連続で起きていたことがわかりました。
    1つ目は、6月30日は、岡本麗さんが才能アリ2位だったのですが、実はかなり前に才能ナシだったことが最近わかりました。

    「百足かな 夏の木道 連なりし」(百足と夏で季語が2つ入っている上、比喩を使おうとして失敗した)→「夏空を 背おって走る 空車」(比喩を使わずにストレートに読んでいます)

    2つ目、その次の週は渡辺えりさんが生花で最下位から1位へ、
    3つ目、過去2回才能ナシ最下位の犬山さんが1位に、
    4つ目、比喩を2つ入れて失敗して才能ナシだった藤吉さんが才能アリ2位に(岡本さんとほぼ同じパターンです)、
    5つ目、今回のズバリ北山さんで、犬山さんに続く過去2回才能ナシ最下位→1位。

    そして、今年は、過去才能ナシ最下位経験者が1位になった人が俳句では何と4人も、生花では2人、計6人もいることがわかりました。
    俳句:足立梨花さん、峯岸みなみさん、犬山紙子さん、キスマイ北山さん
    生花:柳ゆり菜さん、渡辺えりさん

    何だか、今年はすごいことになりそうですね。ケンコバさんか二階堂さんが俳句で才能アリをとってしまうともう5人目(総合では7人目)になってしまうし、番狂わせがどんどん起きてしまうそうですね。まあ、これがないとプレバトは面白くありませんからね。
    今回は、1位と最下位が残ったときに両方とも最下位経験者の北山さんと村本さんが残ったので、2位に佐野ひな子さんが出た時点で既に番狂わせが始まったようなものでしょう。とにかく、北山さんは、同メンバーがこんなに頑張っているから、、、というライバル心に火がつきで勉強なさったのがありありとわかる句でした。とにかく今回は北山さんの見事な1位!感動しました。私だけではないと思います。

    • こたつむり より:

      コメントありがとうございます(≧ω≦)

      ここ最近は、過去成績が悪かった人が大きな活躍をしているんですね。というか、今年に入ってから色々凄いようですね。ケンコバさんは、今年中に才能アリ1位を獲得できそうですが、二階堂さんはう~んという感じです。本当に二階堂さんは読めないですね。色々やらかしが多いので。

      北山さんはやっぱりメンバーの影響が大きいんでしょうね~。舞祭組の面々に先を越されてしまったら、フロントメンバーとしてはあせるでしょうから。北山さんはずっと凡人が続いていましたが、今回の俳句は凄かったです。本当にお見事でした。

  12. アルス より:

    通常査定では、山村紅葉さんが1位、これは普通という感じでしたが、むしろ波乱だったのは特待生の方です。

    なんと、千賀さんが番組発の俳句特待生で1発昇格ですよ。これはかなり驚きました。
    え?あの句見た時は現状維持かなとほぼ思ってたのですが、勝因はやはり「青き夕」でしょうか。

    今まで、俳句と特待生試験はみんな1発目では必ず現状維持になったのに、1発目は今回初ですよ。その法則を千賀さんが破りました。同メンバーの横尾さんと、昇格が多い生花の遼河さんなどは2回現状維持、福澤さんは3回現状維持だったのに。
    次の梅沢さんも意外でした。番組表には梅沢さんまたもや怒られる!と書いてあったのに、まさかの予想外でした。でも、怒られたのはその後の、「ホント聞いてほしい!」と、高橋ジョージさんの句のダメ出し点が間違ってたことに対する「ガッカリ!」ですね。

    山村さんはこれで特待生に上がれるのでしょうか。3回才能アリを取りました。高橋ジョージさんは前回才能ナシ最下位(豆をまく 節目の春に 心咲く)から、今回は凡人どまりでしたがいい感じの躍進。前回の佐野ひなこさんの60点とは扱いが全然違いました。ただ、見ると眺めると似た動作の動詞を2つ重ねるのは私的には気に入らないかなと思いました。特待生が「風鈴を描いてない」と間違ったダメ出しをしてましたが、寧ろこの動詞2つ、こっちを言ってあげた方がまだ怒られずにすんだと思います。
    横澤さんの最下位は、「季語2つ」「いらない言葉だらけ」と、渡辺直美さんとバニラビーンズレナさんと同じパターンの30点ですかね。生花も屈辱の最下位、そういえば先週の村本さんも2部門ダメでしたね。生花は、才能アリがなんと4人という波乱でしたが、特待生がいなかったのが残念でした。紫吹さんの、次名人に上がる昇格試験が見たかったなと思いました。

    次週、二階堂さんが出ますが、もしかしたら1位?という予告動画が下に載っています。夏井先生の「未だに才能アリがないけれど、今回は期待してもいいんじゃないでしょうか?」と、ちょっとバラしすぎかな?。北山さんのときもその通りだったので。
    そうなってくると、俳句に英語を取り入れて、過去才能アリ2回の秋野さんがピンチです。二階堂さんのLet’sGoの失敗例もありましたからね。でも、二階堂さんまで才能アリを取られてしまうと、才能ナシ最下位2回止まりの紺野さん渡辺さんなどや、ライバル的なジャニーズの最下位が多いA.B.C.-Z(河合さんを除く)がどんどん出遅れてしまいます。まあそれを言ってしまうと、一緒に出るケンコバさんもそうなんですが、才能アリを目の前で見せたいフジモンさんが肝心なときに欠席というのがちょっと残念。取るなら是非特待生にフジモンさんがいるときがベストかなと思っています。過去にケンコバさんの駄作をいっぱい見た梅沢さんがいてもOK。2人いるときに取っておくと、特待生も「見直した!」と言ってくれると思います。
    ついにこの前北山さんが1位を取ってくれたことだし、この勢いに乗って、というわけで、今回は二階堂さんに期待してみます。

    https://www.youtube.com/watch?v=kh2R5yG4b9k

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      ちょっと今、ちゃんとしたコメントを返信する時間もなかなか取れないので、時間が出来たら8月4日の回のコメントの返信をします。申し訳ありません。

  13. アルス より:

    まず、最下位の真壁さんは、最初にコメントした二階堂さんの予想が見事に当たってましたね。
    というか、ここ3週才能ナシ最下位をやらかした方、村本さん、横澤さん、真壁さんと見事に3人とも、中七を字余にしてしまっているところがアウトですね(北山さんの8文字はOKでしたが?)。

    今回は4回才能ナシを経験している二階堂さんとケンコバさんが同時に出演しましたね。
    前回、梅雨の回でも2人同時に出て、そのときは岸本さんが1位だったのですが、今回は大波乱でした。

    ただ、ケンコバさんは残念ながらまたまた凡人、これで3回目なんですが、つい最近1位を取ったキスマイの北山さんも同じ3回なのでドンマイですよ。でも、また才能ナシに戻ってしまうと5回目と二階堂さんを超える最多になってしまうので、それを回避できただけでもよかったです。
    点数も下がってしまいましたが、実は50点というのはかなり強運がある(と言っていいかわかりませんが)点数で、50点を取った後の次の回は何人かが才能アリを獲得している人がいっぱいいます。特に覚えているのは、キスマイの宮田さんと北山さんで、才能アリ1位を取る直前の点数は50点だったんですね。この2人はここから一気に逆転しています。ケンコバさんは、まだまだ勉強中と言ってました。点数は下がったものの夏井先生に、「今までからしたらコツコツあなたは頑張っている。」と言われているし、これからですよ、と夏井先生は活を入れてくれましたが、
    実は今は特待生である藤本さんも、初めて才能アリを取る直前も50点だったんです。
    それが、「君の手を 僕のポッケに 雪の道」という句で、先生は「自分の横にこの句が出て恥ずかしくないかな」、とボロクソに言われてしまいました。ケンコバさんより毒舌っぷりが酷くないですか。そもそもフジモンさんは初期の俳句は凡人続きでボロクソだったし、そう考えると今のフジモンさんは全然違いますね。
    http://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/mbs/35593/249076/
    しかしその後は節分の回で「節分の次の日靴に豆一つ」でいきなり才能アリ1位でしかも80点でした。しかも2位が凡人68点なので、才能アリはフジモンさんひとりじめです。
    http://ameblo.jp/mixberry-vanilla-ice/entry-11761967283.html

    そして、波乱はここから始まりました。
    過去好成績の秋野さんは、才能アリ2位を獲得しましたが(珍しく英語を使いませんでしたね。二階堂さんが失敗した影響もあるのかな?)、その秋野さんを打倒制覇したのが、
    なんと、過去4回才能ナシの二階堂さんでした。ついにやりましたね。キスマイの常連メンバーの中で最も出遅れていて、二階堂さんが、初めて1位を獲得しました。これは正直私も嬉しかったです。キスマイの常連メンバーの中では唯一1位を獲得していないので、同じ4回才能ナシのケンコバさん以上に、二階堂さんが崖っぷちだったと思います。しかも前回の梅雨の俳句ではケンコバさんに突き放され才能ナシの5位だったし、痛すぎる才能アリからの凡人への減点ハプニングもあったので、今回は二階堂さんに1位を取ってもらいたいと思いました。
    この句を見たとき「どうやって何喰ってこんなに上手になったんだ?」とびっくりしました。しかも今回は減点ナシの才能アリ1位でした。
    夏井先生の「コツコツあなたは頑張って来ている」というコメントだけではなく、同じ過去4回才能ナシ経験者同士の二階堂さんがここで1位を獲得できた、というこの状況を、ケンコバさんにはさらに火をつけてくれたと思います。

    今回は先輩のフジモンさんが欠席だったので、ケンコバさんは才能アリはひとまずお預け。前回コメントした時に載せた動画を見ると、二階堂さんが1位を取るかのようなことを夏井先生がコメントしていたので、ケンコバさんはまた凡人のままかなと予想はしてました。ケンコバさんが才能アリ1位を取るときにフジモンさんがいると、取った瞬間にフジモンさんもどう反応するか楽しみです。フジモンさんも、才能ナシからコツコツ積み上げてここまでやってきた、と豊崎さんが言ってましたからね。同時に2人で出るタイミングとしては、名人へ昇格するタイミングがベストかな。
    いや、それにしても二階堂さん、本当に凄かったですね。キスマイ5人目の才能アリ1位お見事でした。才能アリは2人でしたが、そもそも才能アリ常連の秋野さんを打倒したということが凄いと思いました。この展開は、

    俳句:才能アリ常連で、凡人2位の中田さん、凡人4位の羽田さんを打倒した足立梨花さん
    俳句:才能アリ常連で、才能アリ2位の柴田さんを打倒した犬山紙子さん
    生花:才能アリ常連で、才能アリ2位の三田さんを打倒した渡辺えりさん

    と同じですね。今ここで挙げた3人は直前の査定が才能ナシ最下位でしたが、こんなに今年は波乱が多いんですね。
    しかも二階堂さんは、今まで他の部門では才能アリ1位はないのに、プレバトでの初めての1位が俳句だというのもびっくりですね。
    そうなると2連続才能ナシ止まりの紺野美沙子さんがまたまた崖っぷち状態になりました。紺野さんが全然出てないのですが、先週、山村紅葉さんが1年以上空いて久々の出演だったということもあるし、前回紺野さんが最下位だったときに1位だった高田万由子さんが久々、次週に出演します。なので紺野さんが出演しない可能性もないと思います。

    しかし、一方で盛り付けは才能アリは1人、凡人1人、才能ナシ3人というメチャクチャな査定で、これは俳句の「華厳の滝」以来の組み合わせでしょうか。犬山さんが2回目の才能ナシ最下位でめちゃくちゃ怒られた回です。ここでは二階堂さんは工夫が上滑りして2連続才能ナシ最下位になってしまいましたね。盛り付けは過去2回才能アリがあったのに、ここで2連続最下位と、俳句とは全く逆方向に行ってしまいましたね。ケンコバさんは惜しくも凡人2位でしたが、前回は才能ナシ5位だったので立派な成長です。3人もいる才能ナシに入らなかったことが奇跡だと言ってもいいでしょう。

    円楽さんは今回絶好調ですね。前回は俳句は現状維持と生花が才能ナシ最下位と全くいいとこなしでしたが、今回は俳句は見事昇格し、盛り付けは1位を取りました。円楽さんの盛り付けは前回才能アリ2位だったので、馬場さんに続く特待生2部門も見えてきそうです。その馬場さんも3連続昇格でお見事でした。盛り付けは特待生が4人いますが、上がりやすい人と上がりにくい人が極端に分かれてますね。馬場さんと杉本さんは昇格が続いている一方で、武井壮さんは昇格1回現状維持2回と現在4級と足踏み状態、千原せいじさんは初回挑戦で現状維持のまま5級止まりで、ここのところ出演が全くないのでいつ出るのでしょうか。

    長くなりましたが、時間があるときで大丈夫です。今回は本当に大波乱でした。

  14. アルス より:

    あ、もう1人50点から才能アリを取った人がいました。

    http://ameblo.jp/mixberry-vanilla-ice/entry-11761967283.html

    柴田理恵さん「鬼の面 とっても子供 泣き止まず」

    今となっては才能アリが常連の柴田理恵さんも初期に50点の凡人があったのは私も全く気がつきませんでした。意外です。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      今回プレバトを見て思った事があるのでその事を少し。今の状態が続けばプレバトの記事はもう更新しないと思います。プレバトの俳句に関してはよくない事も言われていますが、特段気にしてはいませんでした。でも、今回の二階堂さんの1位は微妙なものを感じましたし、二階堂さん自身も何か変な感じというか・・・。ネットでも、夏井先生が遠まわしに嫌味を言っているというのを見かけましたし、プレバトももうダメだなと思ったので、このような状態が続いていくのならプレバトの記事更新は止めると思います。せっかくコメントをして頂いたのに、こんなコメントになってしまって申し訳ありません。

      • こたつむり より:

        8月4日の分も含めてもう少し詳しくコメントをします。

        8月4日の回の通常査定の方は、特に驚くような結果ではなかったと思います。山村紅葉さんが1位を獲得しましたが、特待生にはなれないでしょうね。夏井先生が何も言っていなかったので。

        特待生の方は、最近ちょっと昇格し過ぎなんではないかなと。それだけ特待生の方達が頑張って勉強しているのかもしれないですが、あまりにも昇格が続くと価値が下がってしまうような気がしなくもないです。特に千賀さんの1発昇格はちょっと・・・。8月11日のプレバトを見るまでは、「青き夕」があったから昇格できたのかな~程度にしか思っていませんでしたが、今は千賀さんの昇格に色々疑問です。

        そして8月11日ですね。二階堂さんは才能アリ1位を獲得しましたが、夏井先生は全然褒めていませんでしたよね。成績が悪かった二階堂さんが才能アリ1位になったのにもかかわらず。今までだったら、成績が悪かった人が良い成績になったら必ず夏井先生は褒めて凄く嬉しそうにしていたと思いますが、今回はそれがなし。初老なら完璧というのは完全に嫌味ですよね。二階堂さんも、才能アリ1位になったのにコメントも少なく静か。今なら桜草を勘違いしたのも納得がいきます。

        何か最近のプレバトは、悪い方向に必死になっている印象があります。本当にプレバトがこのままの状態で続いていくなら、ブログを更新しようという気が起きないと思います。

  15. アルス より:

    今のこたつむりさんのコメントを読んで、私もそう感じました。
    私も8月11日の放送分については、何度も見直すといい点とよくない点が半々ずつ感じたのでちょっとまとめると。

    いい点としては、
    1.ケンコバさんは「僕はまだ自信あるとは言っていません。まだまだ勉強中と言っている。」これでふざけた作品は作ることはしないで、特待生の藤本さんのようにコツコツ掴んで知る前向きな姿勢が素晴らしい。
2.ケンコバさんは3回目の凡人で点数は下がったものの、夏井先生が、是非ケンコバさんに才能アリをとってもらいたいと必死にフォローをしているところはなかなか見所はあり、さすが先生です。
点数が下がってしまった人はいっぱいいるから夏井先生もそこまで問題にはしてなかったし、「コツコツあなたは来てるんですから。」という一言は、過去凡人の沼にハマってた先輩藤本さんもこうやってがんばってやっている、ということにも思いが込められています。
3.キスマイの常連メンバーで唯一1位がない二階堂さんがここで1位を取れたこと。これで5人が才能アリ1位をとったと同時に、過去4回才能ナシ同士のケンコバさんを後押しする形にもなっている、いろんな意味がある二階堂さんの丁度いいタイミングでの才能アリ1位。
4.円楽さんの昇級試験昇格にはかなり納得。前回は語順を間違えてたのを今回はしっかり抑えているから、これはお見事と言うしかない。
    5.盛り付けの馬場さんの昇級試験昇格もお見事。馬場さんは一度も現状維持がなく昇格が多すぎなんじゃないかと思われるかもしれないが、前回の盛り付けはそもそも特待生自体が欠席だったので、その遅れを取り戻す形でいい流れを作ったともいます。才能ナシから凡人に上がれた先輩のケンコバさんにも「やればできる」という激励もこめている昇格を感じました。

    残念な点
    1.番組開始早々、二階堂さんが「最下位は絶対真壁さん。」と言ったこと。これにより、1位と最下位の発表の緊迫感が薄れてしまうし、その結果結局二階堂さんが予言した通り真壁さんが最下位になってしまった。このため、二階堂さんが1位になった瞬間の盛り上がりを損ねてしまっています。
    2.真壁さんの最下位の夏井先生の解説のときに、「ケンコバさんの平凡な句よりも何かやろうとしている。」という風に違う人の句の話にずらしてしまうこと。このパターンは何度かあったかもしれないが、ケンコバさんはケンコバさん、真壁さんは真壁さんだから、その人の句のダメ出しをしているのに違う人の句の話をするのは決してよくない。番組を面白くさせたいのはわかるけれど、真壁さん自身も夏井先生のダメ出しを集中して聞くことができなくなってしまうのも困りますね。
    3.二階堂さんの、いい点の「3」を成し遂げたのは素晴らしいが、二階堂さんの「盆踊り遠のいて行く兄の背か」という句は、この前の1位の北山さんの「蝉歌う僕らの「さんぽ」の音にのせ」と比べるとあまり若々しさを感じない。なので、夏井先生が「初老の句」と言って、褒めにくかったと思います。
    4.盛り付けの査定が才能アリ1人、凡人1人、才能ナシ3人とかなり成績が酷い。このパターンは俳句の5/26の「華厳の滝」以来の組み合わせだけど、秋野さんはもっとできる人だと思ってたし、二階堂さんは過去才能アリ2回から前回は才能ナシ最下位、そして今回も才能ナシ最下位となってしまう残念な結果に。
    5.番組表と予告編動画ですでに結果がわかるようなネタバレが多い。これまでに何度もこれはあったが、今回の8/11分の予告は特に酷かったです。大抵はケンコバさんの方が先に才能アリを取るかもしれないと思ってたのに、この予告だけで二階堂さんが1位になるという風に予想が切り替わってしまう上それが結果その通りになってしまったので面白みを損ねてしまう。おまけに残念な点1のことも組み合わさっているし、予想できる結果を知らないで見た方が、よりプレバトの面白みを感じます。

    そんな感覚でした。

    過去4回才能ナシを経験している2人に関して少しまとめると、
    二階堂さんについては、夏井先生のコメントが残念だったけど、キスマイの他メンバー4人の常連についていって1位を獲得できたという結果については本当に素晴らしかったです。
    ケンコバさんについては、初期のふざけて俳句を作ってた時とは全然違って、「まだまだ勉強中です。」と俳句を勉強している、先輩藤本さんと同じ前向きな姿勢が素晴らしいし、夏井先生のコメントで是非ケンコバさんに才能アリを取ってもらいたい思いで「コツコツあなたは来てますから。」というフォローも流石でした。おまけに過去4回才能ナシ同士二階堂さんが才能アリ1位を獲得したところをケンコバさんは目の当たりにしているから、これからもケンコバさんはどんどん成長していくと思うし、これで将来的に才能アリを取れる可能性は十分に高くなったと思います。
    ケンコバさんの場合は65点→50点だったけど、二階堂さんは65点→20点→71点で1回すごく下がったのに頑張ってたから、ケンコバさんにも可能性は十分あるはずです。ケンコバさんの才能アリは私たち視聴者だけでなく、夏井先生も多分期待していると思いますよ。

    私も、プレバトも悪い方向に走っている風に少々感じますが、私が特に残念に感じているのは「5」です。これさえなくなったら、マイナス点は減ってくると思うし、面白みも増すと思います。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      私が言いたい事をストレートに言ってしまうと色々と問題があるかもしれないのではっきりとは言いませんでしたが、もう少しだけ言います。

      簡単に言うと、8月11日の二階堂さんの俳句は才能アリ1位を獲得したものの、二階堂さんの個性が全くない。才能ナシでもレッツゴーの俳句の方が個性があって断然良かったです。

      また、二階堂さんはお姉さんはいるようですが、お兄さんはいないようです。なんでわざわざいないお兄さんの事をイメージしたんですかね?実在するお姉さんをイメージしたほうが俳句を作りやすいと思いますが。あと、二階堂さんが初出演した時の動画を少し見ましたが、あの時は才能ナシでも今回より堂々としているように見えます。

      そして夏井先生は、今回の二階堂さんの俳句に何か感じてああいう態度をとった。褒めにくかったというか、褒めたくなかったんだと思います。近くで二階堂さんの俳句を見てきた夏井先生が違和感を感じて今回ああいう状態になったとしたら、俳句コーナーがダメになるのも時間の問題ですね。

      8月11日のプレバトを見た後に8月4日の回を見直してみましたが、千賀さんまともに俳句の説明ができてないですね。千賀さんも同じく、初出演の時のほうがちゃんとしているように見えました。今まで特に気にしてはいませんでしたが、今回の事で色々見方が変わると思います。ま~、もうすでに変わってますが。

      ケンコバさんは、最初はおそらくふざけていたと思いますが、少しずつでも着々と努力をしてきて今の位置まで上り詰め、夏井先生もその努力を評価しているというのに・・・。次回は宮田さんが出演するようですが、どうなるか・・・。

  16. アルス より:

    8月18日のプレバトは3人が過去1位経験者ということでどうなるのかワクワクしてましたが、
    結果は面白くなりました。
    キスマイの宮田さんが1位をキープした一方で、高田さんが凡人4位40点、月亭方正さんは一気に才能ナシ最下位と20点と大波乱で、前回才能ナシだった松井玲奈さんが凡人3位に上り詰めたというまさかの結果でした。
    松井さんは45点とちょっと中途半端な点数ですが、それよりもその下2人が1位経験者とはちょっとびっくりです。

    月亭方正さんも前回は1位だったのですが、その時の句は、今からちょうど2年前で、
    「夕焼けは心の映写機胸焦がす」でした。

    ただ、この句は中七が8音あるし、下五の「胸焦がす」がちょっとベタな感じもして、この句が、
    「才能アリ」「凡人」「才能ナシ」のどれかを知らない人がこれを読んでもほとんどの人が才能アリだとちょっと思いにくくないでしょうか。この句方正さんがちゃんと俳句の技術がついているか怪しげな感じもして、結局次の回に何をやらかしたのかと才能ナシ最下位、となってしまいました。
    この展開は羽田さん井上さんに続く3人目ですね。井上さんは5点まで下がった一方で方正さんの方は20点でしたが、
    一方でコツコツ積み上げている先週のケンコバさんは50点で、方正さんのはなんと半分以下、やっぱり痛々しいですね。
    それだけに、方正さんはボロクソに言われてましたが、最後の先生の「やるならやってみろ!」とこの最下位の人とのやりとり、なんかどっかで聞いたことがあるなと思いました。
    そう、ケンコバさんが2度目の最下位になったときです。
    ケンコバさん「これ以上言うてみ!号泣したるぞココで」先生「出来るもんならやってくれ!」
    http://ameblo.jp/love0704koba/entry-11991976217.html

    というわけで方正さんは散々でしたね。また1位を取り返したいと思うかもしれないけれど、このペースだと先にケンコバさんに取られてしまう可能性が高くなってきているのでピンチになりました。

    宮田さんは本当に素直でいい句でした。初め「夏のライオン」とか書いてた、宮田さんの個性がちょっとなくなってしまったけれど、この間の二階堂さんの個性がなくなったこととはまた意味が全然違います。宮田さんのこの俳句の成長はFUJIWARA藤本さんと同じように、才能ナシからコツコツと技術をつけているな、ということがありありとわかり、見事に2連覇を達成しました。流石宮田さん!という感じでした。
    横尾さんと千賀さんは確か3回連続才能アリの後に特待生になりましたね。宮田さんはまだ2回目なので特待生はまだまだだと思いますが、次とれば3回目になるので、これでもう特待生にリーチがかかっているような感じですね。

    梅沢さんが名人で初めての降格査定を受けてしまいましたね。続く真琴さんの絵手紙も現状維持と、特待生は全滅でした。
    まあ、最近ちょっと昇格が続きすぎているからこれぐらいがいいバランスでしょうね。梅沢さんは羽田さんと東国原さんも体験したあの痛い降格で、良い薬になったのかもしれませんが、この後どうなるのか。真琴さんの絵手紙は出来そうなイメージがあったのに、現状維持とは意外でした。でも、川田さんの1位と遊んでいる文字と比べれば現状維持は納得です。
    もう1人の絵手紙の特待生の陽月華さんがいますが、真琴さんが現状維持になったため先に3級に行けるチャンス・・・ではなく、
    今の現状維持で多分陽月さんにも相当プレッシャーがかかったのかもしれません。やっぱり、1級上がるとハードル高くなっちゃうんですね。花城先生って優しいイメージがあるのですが・・・

    そして、今回さらに面白かったのが、絵手紙の時にも夏井先生が出てきたことです。梅沢さん、夏井先生に絵手紙書いてたのですね。
    梅沢さんは桃を描いていたのに、「あの絵は尻だよ!」には笑いました。

    今回は梅沢さんの降格、真琴さんの絵手紙がまさかの現状維持止まり、絵手紙のところでも夏井先生が再登場する、と、先週に比べるとなかなかユニークな面白みのある回に富んだプレバトでした。
    今回のは8月11日ほど、残念な点はあまり感じなかったので今回のは大分マシになったと思います。

    こんなこと考えていたんですが、この中で一番早く起こるハプニングはどれだと思いますか。
    1.フジモンさんが名人に上がる
    2.横尾さんが名人に上がる
    3.東国原さんが名人に上がる
    4.梅沢さんが師範に上がる
    5.過去4回才能アリからコツコツ成長しているケンコバさんが悲願の才能アリ1位を獲得する
    6.羽田さんが最下位からまた挽回して1位を取り返してまた特待生に復活する
    7.月亭方正さんが最下位からまた挽回して才能アリ1位を取り直す
    8.宮田さんがまた才能アリ1位をとって特待生に上がる

    私は、2か5が先に起きそうで、最も遅いのは多分4だと思います。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      今回は、夏井先生・方正さん・梅沢さんのおかげで面白かったですが、前回のことがあってからジャニーズ、特にキスマイが出演する回は素直に見られないです。最後方正さんと宮田さんの2人が残りましたが、宮田さんが1位なのがまるわかりですし。宮田さんの俳句は二階堂さんの時とは違うかもしれませんが、それでもま~たキスマイが1位?と思うようになってしまい、つまらなくなってしまいました。

      あんまりこんな事は言いたくはありませんが、純粋にプレバトが好きで見ている人は、最近のプレバトの状況に冷ややかな目で見ている人も多いと思います。プレバトオンエア中と終わった後に、プレバトに対する悪いキーワードで検索してこのブログに辿り着いている人が先週から増えましたから・・・。少なくとも去年まではそういった事は一切ありませんでしたが、いつぐらいからですかね、悪いキーワードで検索する人がちらほら出てくるようになり、先週から増えましたね。

      今までは横尾さんに続いて特待生になれるか?と思いながら見ていましたが、今はこれ以上特待生は増やさない方がいいだろうなと思います。これ以上キスマイ(ジャニーズ)から特待生が増えたら、今以上にプレバトに不満を持つ人が増えると思うので。

      でも、宮田さんは努力家なのかな~というふうには思っています。ただ、もう夏のライオンに食われる寸前というような発想はしないようですが、今回の宮田さんの様子を見ていると、上手くいったのはたまたまだったような感じですね。夏井先生の「タブーに近いことを2つやってるんです」というのに、おっ?という表情をしているので。ま~こういうことは宮田さん以外でもあるし、今は名人の梅沢さんにもありましたからね。今回は前回の事があったので指摘しましたが、このパターンで上手くいって成功している人も多そうですよね。

      悪い話題はこの辺りで終わりにして、最初にも書きましたが、今回は夏井先生・方正さん・梅沢さんの3人が面白かったです。方正さんは一気に才能ナシ最下位に下がってしまいましたが、方正さんの過去の出演は1回だけですよね?それだったら前の才能アリは、たまたまだった可能性が高いですね。ただ、夏井先生の解説が面白かったので、今回の才能ナシは別にいいかな~と。

      で、梅沢さんの降格ですね。他の人だったら降格なんだ・・・とちょっと衝撃ですが、梅沢さんの場合は降格でもなぜか面白いです。というか梅沢さんは、俳句に限らず他のコーナーでもそうですが、ボロボロに言われたほうがやっぱり面白いな~と。なので梅沢さんには申し訳ありませんが、今回の降格は面白かったです。

      また、夏井先生が絵手紙のコーナーにも出演してくれましたね。これも面白かったです。まさか絵手紙のコーナーも見ていたとは(笑)。あの梅沢さんの桃は、どう見てもおけつにしか見えませんね。

      あと、真琴さんは現状維持になってしまいましたね。先生よりも特待生のほうが上手いのでは?という意見をいくつか見かけましたが、色々厳しいですね。ま~これも仕方がないんですかね~。

      そして最後のやつですが、可能性が高いのは1・2・3・5ですかね。4の梅沢さんは、たぶん師範にはなれないと思います。あの上がどこまであるのか分からないのは、師範にはさせないということなのかと。6の羽田さんは、前は頻繁に出演してたのに最近は出演しなくなってしまいましたからね~。7の方正さんは、当分出演しなそうだな~と。8の宮田さんは、ならないほうがいいというのと、宮田さんは他のキスマイに比べると出る頻度が低いので。

      1番早いのはケンコバさんですかね。名人昇格はやはり皆さん苦戦するでしょうし、その苦戦している間にケンコバさんが才能アリ1位になるのでは?と思います。

  17. アルス より:

    こんばんは。
    今まで、プレバトの放送があるたびにここにたくさんコメントをしてましたが、
    できたら感想は、自分の中にもしまっておきたいので、今回からアルスのブログを開設して、多くの感想や情報などはこちらに書くようにしました。
    「コメントを送信」のすぐ上のウェブサイトの欄にブログのURLを貼り付けておきましたが、ジャンプできたらまた教えてください。

    ただ、ブログ作成にまだあんまり慣れてないので、しばらくはコメントはoffにして、更新がかなり進んでブログに慣れてきたらonにする予定です。もしよかったら遊びに来てください。
    ちなみに、今はプレバトは7月21日から今回のものまでを入れています。

    ところで、最近、よしもとの芸人さんの俳句の成績が全然ダメですね。ノンスタ井上さんと方正さんは1位から最下位になっちゃうし、それ以外も大体最下位になる傾向が多くなっています。
    なので、ここはコツコツ来ているケンコバさんに頑張って才能アリ1位をとってもらうしかなさそうです。
    となれば、私も5が最速だと思います。ブログでは、8の項目を「現状、2回才能ナシ最下位に踏みとどまったままの紺野美沙子さんか渡辺直美さんが凡人以上に上がる」に書き換えていますが、紺野さんは全然出演しないし、これも難しそうですね。
    5が起きるときは、当然1位と最下位の発表時で、そうなると「また最下位かぁ〜怖い怖い」とケンコバさんが緊張て強く祈っている姿が思い浮かんできます。その際もう1人座っているのが誰なのかを色々想像してしまいますが、良純さんだったら面白そうです。

    次回は特待生にフジモンさんが出ますが、あまり昇格が続いたら後輩のケンコバさんがどんどん遅れちゃうので、まず梅沢さんからの負の連鎖の降格だけは絶対避けて欲しいと言ったところ・・・ここは最低でも生け花の泉谷さんには是非頑張って欲しいです。何しろ前回の生け花は特待生が欠席だったし、だいぶ前のコメントで生け花に泉谷さんが入って欲しいと望んでいたのがちゃんと現実になりましたからね。現状維持だと、もう1人の男性の生け花特待生のGACKTさんに追い抜かれるピンチもあるので・・・。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      おっ!ブログを始められたんですね!ちゃんとジャンプできましたよ。

      自分のブログのほうが色々自由にできるし、アメブロだったら同じ趣味の人達と活発にコミュニケーションもとれると思います。

      コメント欄は最初は必要ないですよ。このブログもある程度アクセスが来るようになって、文句の1つも言いたい人が出てくるかな~と思ってコメント欄を設置したので。ただ、私は自分のブログを持って記事を更新し続けてきましたが、実は今まで他の方のブログにコメントをしたことは1度もありません(;´д`)自分のブログだったら何を書いてもいいし修正もできますが、他の方のブログではそういうわけにはいきませんし、コメントをするのは正直自分のブログを始めた時よりも相当勇気がいる行為だと思っています(´・ω・`)普通はコメントから始めてブログを持つようですけどね。でも、遊びに行かせて頂くので、こたつむりのやつがブログを見ていると思ってください(笑)。

      最初はブログを更新するのは大変だし、心が折れることもあるかもしれませんが、アルス様のペースで楽しんでブログをなさって下さい。私はもう・・・。あ~ただ、次回は状況によって更新するかもです。

      さて、プレバトのことですが、芸人さんはインテリの方や多彩の才能をお持ちの方も多いようですが、俳句の才能はまた別物ですからね。作家の方も俳句では苦戦しいている人が多いですし、俳句の経験がある人でも成績がいいとは限らないですからね。

      この前のやつですが、あんまり名人がポンポン誕生してしまうと、名人の価値が・・・というのもあるし、そう簡単にはなれないと思います。だからケンコバさんが1番早いかな~と。紺野さんはもう1年以上出演していないし、渡辺直美さんもこの前久しぶりに出演したようですからね。

      次回のフジモンさんはどうなりますかね。最近昇格ラッシュなので、昇格してしまうとまた昇格?というのもあるんですよね。泉谷さんは文句をいいながらもしっかりと成績を残していますよね。GACKTさんは気にする必要はないかと。あの人は完全に別物扱いだと思います。

  18. アルス より:

    http://ameblo.jp/rainbowpeacock059ka0/entry-12192523291.html

    色々プレバトの展開を想像しているだけなんですがブログ更新しました。そういえばケンコバさんの凡人3回分は、いっつも番組開始早々に名前を呼ばれていますね。
    この次は、才能アリ1位を取るかもしれないけれど、その際は最大の試練として、
    最後に1位と最下位の発表があるあの展開、これは多分すごく緊張しそうですね。
    その時一緒に残る相方を色々想像していましたが、ここではイニシャルで表記しています。

    I.Y.さん,U.T.さん,S.T.さん,H.K.さん?もう全部お分かり頂けると思います。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      はい、全員分かりました。vsの相手は気象予報士・政治家・作家、ハマちゃんにつっこまれるのは名人ですね。みんなキャラクターが濃いですね(笑)。気象予報士と作家はありそうですが、政治家はどうなんでしょうね?一応成績は良いみたいですが、確かに平凡な俳句だな~と思う作品を披露しているし、可能性は捨てきれないのかな?という感じはします。

  19. アルス より:

    今日のプレバトの記事更新しました。
    言いたいことはほとんど全て書いているのでここでのコメントはいつもより半分に減らし、少し感想を述べておきます。
    今回は俳句査定にキスマイどころかジャニーズがいなかったので、いつもと違う感覚で見て落ち着いた感じがしました。2年ぶりの陣内さんも面白かったです。これだけ久しぶりに出る方がいるとなると紺野さんがいつ出てもおかしくないかなと思います。
    ただ、フジモンさんの1級への昇格は、私的にはあまり納得はしませんでした。手直しがあるのなら現状維持でもよかったのでは?と正直疑問に思いました。未だ才能アリがないケンコバさんにとかなりつき離されてしまったため後がなくなったという感じがしました。
    ただ、陣内さんの句は、まだまだだなという感じがしたので、才能アリの獲得はまだケンコバさんの方がより可能性が出ると思います。

    生け花の方ではA.B.C.-Zの橋本さんが出ていましたが、最下位になり逆3冠王に。
    泉谷さんの昇格は、本人のキャラクターが出ているのでこっちはまだ納得しました。GACKTさん抜き、お見事です。
    そういえば、2人ともシンガーソングライターという共通点があるのですね。

    そしてさらなる注目は来週のSP。俳句ではなんと8人特待生だらけの出演です。こんな新企画もあるんですね。

    俳句でこれがあるなら生け花の特待生だらけでも見たいところですね。ただ、この企画は紫吹さんが名人になってからかな。
    来週その紫吹さんが名人をかけた昇格試験で出るので、それ次第だと思います。
    この企画が実現すればGACKTさんと泉谷さんとシンガーソングライター同士が激突するので、この2人のやり取り、お互いライバル視するかなと思います。さらに、タカラジェンヌは3人揃っての出演も見られるので、ここも面白そうです。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)そして、アルス様ブログを更新するの早っ!一応今回は更新しようと思っていますが、このコメントの返信をしている時点でまだ陣内さんのを書いている途中ですよ(;´д`)

      今回は久しぶりにジャニーズが出演していませんでしたね。ジャニーズが出演すると番組がシラケルというふうに思っている人も多いようですが、今回のプレバトを見て、キスマイ以外は大丈夫なのかな?という感じもしました(と言ってもほぼダメだと思うのは千賀さんと二階堂さんで、北山さん・宮田さんはまだよく分からない、横尾さんは大丈夫かなと思います)。

      あと、陣内さんは久しぶりの出演だったようですね。ただ、陣内さんは他の番組で見ますが、紺野さんはテレビで全然見ないんですよね~。ま~私が見ている番組に出ていないだけかもしれませんが。

      フジモンさんは、やっぱり昇格したかという感じです。梅沢さん以外で初めて昇格したのはフジモンさんだし、1級に1番乗りが(梅沢さん以外で)フジモンさんでも別に不思議ではないな~と。昇格しても直しはあるから何とも言えないかなとは思います。ただ、最近査定が甘くなっているのでは?という思いはありますね。本当に昇格ラッシュですよね。現状維持が続いて昇格が出ると、おっ!ってなりますが、最近はまたかよっていう風に思ってしまいます。

      生け花は、橋本さんが最下位になって逆3冠になってしまいましたね。でも逆に信用できるというか何というか・・・。泉谷さんの作品は、確かにらしさが出ているものでしたね。

      で、来週はスペシャルですね。スペシャルがあるのは知っていましたが、特待生のみというのは初めてなので面白そうですね。できたら他のコーナーでもやってほしいですが、俳句ほど特待生はいないから現時点では厳しいのかもしれないですね。