保護中: 5月19日のプレバト俳句査定のお題は新緑と箱根登山鉄道。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. アルス より:

    今回の査定はただただ驚きの連続でした。

    まず、5点という華丸さんの最低得点ですが、過去の最低はゴリさんの7点だったので最低得点は華丸さんに更新されました。そして、お手上げで添削不可能という事態は、昨年のはいだしょうこさん以来ということになります(足立さんと中山さんのは添削不可能というよりただただ消されただけというのかな)。

    そして、過去夏のライオンで才能ナシだった宮田さんが、何とここで才能アリ1位で、しかも75点という高得点(千賀さんと同じ)だったので宮田さんの会心の出来にびっくりしました。ただ、右上の字幕に「1位は意外なアノ人」と出てたので、この時点で若干宮田さんとわかってしまうところがちょっと残念でした。ネタばらしは最後にして欲しいですね。

    梅沢さんは今回も現状維持でしたが、その前の東国原さんが降格という憂き目にあったので今回もまだマシな方じゃないでしょうか。未だ降格があったは俳句コーナーだけですが、
    生け花のコーナーでも遼河さんが一時期そのピンチに陥ったことがあったのでやっぱり侮れないです。
    最もありえるとしたら何かとやらかしそうな梅沢さんがこの特待生になったときでしょうか(昨年の12/10に才能アリ1位だったけど、その前が最下位だったので)。

    そして、実は先週、夏井いつき先生の句会ライブに行ってきました。
    http://nishinomiya.areablog.jp/blog/1000122710/p11401269c.html

    全員「生」という漢字を使った席題で5分で俳句を作るコーナーがありましたが、特に8の句に関してはびっくりしました。プレバトだけで勉強してたそうです。
    「亀二匹」のところを「亀2匹」と表記しなかったのは、過去これで梅沢さんが怒られたから、だそうです。

    • こたつむり より:

      アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

      今回は結構驚く事が多い回でしたね~。まずは最下位の華丸さん。5点というのは、やっぱり過去最低の点数でしたか。5点しか貰えなかったのは、よっぱどの事なんですね。ただ、全く何もされなかったのは、はいださん以来なんですね。確かに足立さんと中山さんのは、添削不可能というのとはちょっと違いますかね。

      で、才能アリ1位だった宮田さん。宮田さんの今回の俳句は凄かったです。ライオンの俳句からあそこまでの俳句になるとは思っていませんでした。点数も75点と高得点でしたからね。でも、ネタバレはやめてほしいですね。プレバトって結構ネタバレが多いですよね~。

      梅沢さんは、降格してもおかしくないような感じなのに、何とか現状維持になっていますね。本当に降格しないだけいい方ですよね~。もし他のコーナーで降格があるとしたら、生け花になるんですかね。 假屋崎先生ってばっさりいく時はばっさりなので。梅沢さんは割と色々やらかしているので、可能性はありそうですね。

      そして、夏井先生の句会ライブに行ってらしてたんですね!その行動力凄いです。それにしても、5分で俳句を作るのも凄いですが、プレバトだけで俳句を作れるとは。算用数字は最近の出来事でしたからね。何か、プレバトの俳句コーナーから俳句に興味を持つ人が結構いるようですね~。私もずっと俳句コーナーを見ていますが、完全に見ているほう専門で、俳句は作れないです(笑)。

  2. アルス より:

    5/26のプレバトの特待生は少し意外な結果でした。

    他に比べて昇格が厳しい?と思われる俳句部門では、2人W昇格で、
    他に比べて昇格の方がかなり割合が多い?と思われる生け花の紫吹さんは残念ながら現状維持。
    連続昇格は3でストップしてしまいました。しかし2級→1級のタイミングでの現状維持は梅沢さんのときと同じなので(左見右見)。

    このパターンはかなり珍しい例だと思います。

    詳しくはまたブログ更新された後で書きますね。

  3. こたつむり より:

    アルス様コメントありがとうございます(≧ω≦)

    5月26日のプレバトの特待生は、私も少し意外な結果だと思いました。俳句が現状維持で、生け花の紫吹さんが昇格して遂に1級になり、梅沢さんよりも先に名人になるか?と思っていたら、まさかの結果。紫吹さんなら昇格できると思っていたんですが、わからないもんですね~。

    あと、このコメントの返信をしている現時点でまだ5月26日の記事は作成途中ですが、更新したらそちらのほうでコメントをお待ちしております。